×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

●暮らしの匂いを嗅ぎ分けてみる●

>>HOME >>始めよう!もっと鼻を利かせる生活

暮らしの匂いを嗅ぎ分けてみる

ゆっくり歩き、しばしば立ち止まって鼻を利かせていた子ども時代、私たちはたくさんの匂いの記憶を持っていました。ときには、大人の時間をひと休み。鼻腔を思いきり膨らませ、その場の匂いを感じてみましょう。忙しい時間のはぎまから、すてきな匂いが立ち現れてくるかもしれません。

草木の匂い
木、花、草、落ち葉、枯れ草、切り花、田んぼ、畑、山、森、野原、空き地

酒類の匂い
ワイン、日本酒、ウイスキー、ブランデー、焼酎、ビール、ジン、ウオツカ、果実酒

自然の匂い
土、風、雨、河川、海、水溜り、雨の前、雨のあと、曇りの日、晴れの日、朝、昼、夜

自宅の匂い
ふとん、玄関、浴室、たたみ、窓辺、木材、じゆうたん、ふすま、仏壇、押入れ、ペット

食べ物の匂い
チョコレート、せんべい、みそ汁、ごはん、果物、野菜、魚、肉、コーヒー、日本茶

脳を元気にする匂いの感じ方チェック
快                                 不快
食物が腐っているかどうかを見極めるとき匂いを喚ぐめは、原始的な本能の名残。食べられ如、ものの匂いは不快に感じます。蒙た、女性は、快いと感じるわきの匂いを擦つ男性を好きになるというデータがありまず。HLA(白血球の血液型/主要線織適合抗廣複合体)の近い男性のわきの匂いは不快に、遠い男性のわきの匂いは快いと感じることから、強い種を残すための女性をらではの本能といわれています。

好き                                嫌い
アロマテラピーやシャンプー、石けんの香りなどに限定せずとも、人には好きな匂い、嫌いな匂いがあります。日常生活に漉耗てくる無数ともいえる匂いの中から、「好き」と感じる匂いにめぐり合えたら、それを意識して生活に取り入れてみませんか。好きな匂いを知り、その匂いを再現する環境や状態、行動を自分にプレゼントすることで、脳は活性化していきます。

良い                                悪い
「良い匂い」「悪い匂い」の判断は日本人が得意とする分野。大脳辺緑系がキャッチした匂いを、前頭前野にフィードバックして判断を下すプロセスが、脳のつながりを活発にします。しかし「良い」「悪い」判断の前に、十分に「好き」「嫌い」の感情を使っておくことが大切。大脳辺縁系の機能を使えば使うほど、前頭前野へのフィードバックも大きくなります。

匂いの言語偲
珊緒約に匂いを感じる康隆籾臥そ命匂いが過去に喫も\だどの匂いと同じ軌叙ているかを考え、同定する段階。匂いを言語化する作業です。賛ペ物を食べたとき、その香りがどの食榔こよるものかを探り当てたり曳蓉凍やお酒などの香りを嗅いで商品の名前を当てるなどの行為は、顧夢前野と大脳辺繚系の交涜を活発にします。香道で行われる河替もこれに含まれます。

匂いの精神を感じ取る
寺にたちこめる線香の香りで瞑想状態を深くしたり、教会に漂う薫こう香に荘厳脊気持ちになるなど、匂いは感情を超え、意弘や構神にも影書を及ぼします。文学作品に語られる料理や花の描写に匂いを感じたことはあ暮j蜜せんかゅ匂いの柑己億籍」をいっぱいにしていれば、匂いの記憶はいつでも取り出し可能愈匂いの元がその場になくで私も心を豊かを気持ちで満たすことができます。


暮らしに香りを呼び込む

暮らしに香りを呼び込む
香りづけをした洗濯用、食器用、住宅用、ボディ用の洗剤の需要が増えています。その香りも植物から抽出した天然香料やアロマテラピー効果を期待できるものなどさまざま。長時間香りをキープできるシャンプーや洗濯洗剤の開発も進んでいます。「日本人は伝統的に匂いを消すことばかり考えてきましたが、それを改める時代が来ているのではないでしょうか。脳はその香料が天然か人工かの区別はしません。安全で心地よい匂いであれば、それが脳にとってのよい匂い。睡眠中も、心地よいシャンプーの残り香による刺激を脳に送ることで、脳の調子はよくなります。脳が調子よいとは、すぐ眠れる、ぐつすり眠れる、すっきりと目覚めるということです」


メニュー

お勧めサイト

リンク

スポンサー